安らぎある和の住宅|手頃な価格に飛びつく人が続出|分譲住宅購入前に下調べ
室内

手頃な価格に飛びつく人が続出|分譲住宅購入前に下調べ

安らぎある和の住宅

女性

和の風情まで考える

京都でもモダンデザインの注文住宅の需要はあり、様々なジャンルとの融和性が高い特徴も挙げられます。近代的・現代的としたスタイルは30代などの若い年代が求め、シンプルモダンや和モダンが一般的だったものの、洋やエスニックなども反映されています。また京都ならではの和モダンには、浮造りの技術や桐などの素材が活かされています。湿度が高くなると膨張し、乾燥すると通気性が良くなるなど、乾湿調整機能でも選ばれる材料は人気です。引戸を用いる和室空間は、あぐらがかきやすい畳も多彩な組み合わせで展開できます。小上がりの畳部屋はゲストが多い場合に適し、躓く心配がある場合にはスロープ式を採用することができるのも注文住宅だからこその提案です。

雰囲気も家づくりには大事

京都で注文住宅を建てる計画がある場合、多彩なアイデアを持つ施工会社を選択することも大事です。規格住宅と違い、仮想のまま建築するのが注文住宅の特徴です。例えば、京都の土地柄、好まれそうな雰囲気づくりもポイントです。御所などの歴史ある町並みと商業地が交わるなど、京都の不動産には多い環境です。その中、注文住宅では自然派住宅として緑がある住まいづくりも人気です。樹木が成長することも視野に入れ、道路にはみ出さないなど、建物と一体となる様に計画、施工します。さらには屋上に菜園テラスを設けるなど、周囲からも好まれる雰囲気づくりも大事です。京都にはまだまだ長屋の従前の住スタイルは多く、京都らしさを残し、建具や階段などの機能性を高めることにポイントを持ってくることも可能です。あると便利より、これがないと不便さを考えるのも注文住宅で暮らしを考えた際の成功の秘訣です。