落ち着いて暮らせる家|手頃な価格に飛びつく人が続出|分譲住宅購入前に下調べ
室内

手頃な価格に飛びつく人が続出|分譲住宅購入前に下調べ

落ち着いて暮らせる家

一軒家

構造の工夫で実現

住宅は家族みんなが落ち着いて暮らせることが大切です。くつろげる住宅にしたいなら、構造部分にも配慮のある戸建ての設計にすることです。柱や梁、床根太などの構造部分がきちんとしていると、人は心理的にも落ち着けるのです。例えばリビングの床を一段低くすると、くぼみに入り込んだような落ちつきが生まれます。このように構造を工夫することで、余分な費用をかけなくても落ち着ける家づくりができるのです。南海の戸建て建築メーカーは、数多くの施工事例を用いた人間の心理も考慮した設計を行っています。先に紹介したくぼみ効果では、リビングに人が集まりやすい構造も兼ね備えているので、家族のコミュニケーションの一助にもなります。

高断熱で防犯性も高い

南海の戸建ては、防犯面にも配慮しています。敷地内に泥棒が身を隠せるような場所を作らず、侵入しづらい構造にしています。高すぎる塀は泥棒にとって侵入しやすい条件になりますし、地震の際の倒壊も気になります。そのため、プライバシーはしっかりと守りつつ、泥棒にとっては心理的に侵入しづらい高さに設定し、防犯効果を高めています。南海の戸建ては、高断熱な構造を持ち、夏と冬の冷房効率が高い特徴もあります。高断熱の家は、部屋ごとの温度差が少なくなり、どの部屋も一年中快適な環境となっています。夏はすずしく、冬は暖かい理想的な家づくりなら、南海の戸建てがおすすめです。モデルハウスで、実際の事例を直接契約することが可能です。